2017年1月10日火曜日

旅日記ロンドン編(やや妄想)⑮

12月25日(日)

いよいよセント・ポール大聖堂に到着
今日はXmasミサがあるようです
「どなたでも参加できます」と書いてある
あと30分ほどで始まるよう

入口で荷物チェックしてもらい
聖堂の中へ
今日は入場料は無しとのこと


今日はちょっと雲が多い
ポツリときそうな空模様

 中には椅子が並べてあり
「さぁさぁ、前の方にお座りなさい」と
声をかけられる
様々な国の方々が続々やってくる
言葉がわからないけど参加して大丈夫かな?
こんなに前に座っちゃったよ~

本日の進行が詳しく書かれたレジュメが配られ、
この通りに行われる様子。

覚悟して参加させていただくことにしました。

美しい装飾
満席で座れない方もいる
豪華な装飾、天井画、ステンドグラスに心奪われる

11時になると、後方から司教様、聖歌隊の方々が
厳かに入場。
少年たちの歌声まさに天使の歌声
大人の男性低音が美しく響く
ここはどこか?と思う

パイプオルガンが大音量で響き渡り
こわいほどの迫力
目を開けてられない
こわいと人は目をつぶる
あたしの足は地についてない浮遊感



頂いた本日のレジュメ
この流れで進みます
司教様のお話をお聴きし
起立してみんなで賛美歌を歌う、
何度かそういうことが繰り返されました。

今日は曇りで聖堂内も暗かったのですが
最後のほうでサイドの大きな窓から
パァーっと陽が入り
目を開けていられない程の輝き。
こんな光見たことない!!圧倒されました。

「色んなことがあるけれど、今こそみんな仲良くしましょう。
さぁ、お近くの人たちと親交を深めて下さい」
というお話があり(たぶん)
周りの方々とハグしたり握手したり。

普段そういう習慣がないから
ちょっと戸惑ってしまったけれど
異国方々はそれを自然にやっている

あたしも前に座っていたイタリアの美しい女性とハグ。
いい香りがしました。

ミサは1時間30分程で終了
貴重な体験をさせていただきました。

天井装飾の天使さんの彫刻
入館した時からずっと気になってた


あたし「こんにちは」
天使さん「はい、こんにちは」(穏やか、ころ先生風)
とても高い位置にいた天使さんににゅ~っと挨拶。

厳粛な思いで大聖堂を後にする

外に出たら
入場制限されていて
大勢の人が並んでいた。

これから歩いてテムズ川方面へ
空は重たい曇り空
さっきの光は奇跡のギフト

つづく


今日はユニバーサルディ№3
ハッピーカラーはイエローです。シャキッとレモンの黄色です。
何があっても心の中にハッピーをおいておこうと思いました。
先のことを心配せず、今できる最善に集中集中。